1. HOME
  2. 教育学部の学び(カリキュラム)
  3. 実習系授業スケジュール

4年間の実習系授業スケジュール

学校教育教員養成課程では、4年間一貫した実習系授業を履修することで、教育に必要なコミュニケーション能力と実践的指導力を身につけることができます。

4年間の実習系授業スケジュール

注1-2 幼児教育コース対象科目
注3 科学技術教育コース対象科目

 

4年間一貫した実習系授業

フレンドシップ事業

(1年次必修)

1年次の必修授業で、4年間一貫した実習系授業の中のはじめの実習です。地域の方々や教育委員会、小学校にご協力頂きながら子どもたちとふれあう活動を行います。自分たちでさまざまな企画やゲームを立案、実行し、省察活動を行います。一人ひとりが自己の活動を振り返り意見交換することで、自己の課題に気づき教師へのイメージを明確にします。

地域との連携」をご参照ください。

支援実習

(2年次、選択)

2年次の選択必修授業で、中山間地域の小規模校において、運動会など学校行事や祭りなど地域行事、授業への支援活動を年間を通して定期的に行います。大学での準備、実習校での実践、省察活動などを、十分に時間をかけて取り組みます。子どもたちや先生方、地域の方々との交流を深め、目指す教師像の具体的なイメージを持つ活動です。

地域との連携」をご参照ください。

観察実習

(2年次、必修・幼児教育コースは選択、5日間)

附属校園で、教師の教育活動や教師と子どものやりとりの観察を中心とした実習を通じて、教育実習の準備を行うと同時に、教育に必要なコミュニケーション能力を高めます。

教育実習

(3年次および4年次、必修、各4週間)

3年次および4年次で行う必修授業です。附属小学校または附属中学校において4週間の実習を行います。学生は複数名で1クラスまたは教科を担当し、教科指導を中心とした実習を行います。それまでに学んできたさまざまな理論や技術を適用・検証することを通して実践的指導力を身につけるとともに、学校教育にかかわる研究上の課題を検討します。

幼稚園実習

(3年次、必修、4週間)※

幼児教育コースの学生を対象とした、3年次の必修授業です。附属幼稚園において4週間の実習を行います。それまでの実習や講義で学んできた、幼児の心理や発達、教育原理や方法に関する理論や技術を実践し、その成果を省察することを通して実践的指導力を身につけるとともに、実習後の幼児教育にかかわる研究上の課題を検討していきます。

特別支援教育実習

(4年次、選択、特別支援教育コースは必修、4週間)

附属特別支援学校において実習を行い、大学で学んできたさまざまな理論や技術を適用・検証し、実習後の特別支援教育にかかわる研究上の課題を発見すると同時に、自己の教育適性を検討します。それらを通じて、実践的指導力を身につけます。

応用実習

(4年次、選択、2週間)

4年次の選択必修授業で、県内の公立小・中学校において2週間の実習を行います。学生は附属小/中学校での教育実習を経験して、教師になるために解決すべき自分の課題を設定し実習に臨みます。実習中は、授業での教科指導とともに、学校行事の準備・運営や、生徒指導、地域や保護者との連携など実際の教師が行うさまざまな活動に取り組みます。

保育実習Ⅰ

(2年次、必修、4週間)※

幼児教育コースの学生の必修科目です。前半の2週間は保育所実習、後半の2週間は施設実習に行きます。大学で学んだ保育原理、乳幼児の心理や発達、保育内容や方法などのさまざまな知識・技術を、保育所や施設での生活に参加し乳幼児や利用者に直接関わりながら、実践的に学んでいきます。

保育実習Ⅱ・Ⅲ

(3年次、選択必修、2週間)※

保育実習Ⅱは、保育所における実習で選択必修科目です。保育実習Ⅰで学んだ知識・技術を活かして保育所の保育を実践し、保育士として必要な乳幼児の成長・発達への援助や保護者への子育て支援に関する能力を習得します。保育実習Ⅲは、児童養護施設や乳児院等における実習で選択必修科目です。保育所以外の児童福祉施設の機能とそこでの保育士の職務について学びます。幼児教育コースの学生は、保育実習Ⅱ(保育所)もしくは保育実習Ⅲ(保育所以外の児童福祉施設)のどちらかの実習をすることになります。

※は幼児教育コースのみ。