本気で学び続ける教員になろう

大学院紹介

教職大学院は高度専門職業人養成としての教員養成に特化した専門職大学院です。
常に高知県の教育課題に向き合い、学校教育に関わる理論実践の融合を図ります。

高知大学教職大学院の学び

“教育活動”

学校教育に関わる高度な専門性と実践力を持ち、学校教育における組織的取組や授業力向上、特別支援教育を リードし、多様な教育課題に応じていくことのできる資質・能力を備えた人材を育成

“専攻長あいさつ”

『高知県の教育の充実に資する教職大学院へ』


教職実践高度化専攻
専攻長:柳林 信彦

 高知大学では、平成30年4月に教職大学院を開設いたしました。正式な名称は、総合人間自然科学研究科教職実践高度化専攻(専門職学位課程)となります。修了した院生には「教職修士(専門職)」の学位が授与されます。

 

 同じ教育学を基盤とする教職大学院と教育学専攻ですが、両者の間には様々な違いがあります。教育学専攻では修士論文が必須ですが、実習はありません。教職大学院は、修士論文は必須ではないですが10単位分の教育実習が必須となっています。教育学専攻は、研究をベースとして学んでいくのに対して、教職大学院は実践をベースに学んでいきます。

 

 その上で、高知大学の教職大学院は、つぎのような特色を持っています。

○「常に高知県の学校教育の現場を念頭に置く」専攻であること
・高知県の学校教育の現場を意識した科目が配置されています
○附属学校教育研究センターを持ち、それを活用して高度な教育・研究を提供すること
・附属センターを持つ教職大学院はほとんどありません
○現職教員も丸々2年間大学院で学ぶことができること
・教育学専攻の現職教員は、2年目は勤務校で修士論文を書きますが、教職大学院では2年目もめいっぱい大学院で学ぶこととなります
○「土佐の皿鉢ゼミ」による学びの深化・学習成果の共有がなされること
・年2回の皿鉢ゼミで、高知県の教育に関係する様々な人たちへ皆さんの学びを還元すると同時に、意見をもらって研究を深化させます
○特別支援教育コースの設置と教科教育の充実がなされていること
・全国に先駆けて特別支援教育コースが設置され、また、教科(理科)の科目を配置しています。コース所属の院生でなくても授業を履修することは可能です

 

 もちろん、専攻の運営体制は、高知県教育委員会との強く連携したものとなっています。専攻全体の運営にも教育実習の運営にも、高知県教育委員会や高知県内の市町村教育委員会にも参画いただく予定です。本教職大学院は、高知県の教育関係者と一体になって、高知県の教育を充実させていくことを目指しています。

 

 未知の課題が渦巻く社会を次世代の子供たちは手探りで切り開いていかなくてはなりません。そのためには、子供たちに提供される教育が重要であり、そしてそうした教育を創造し提供できる新しい時代の教師の育成が重要であることは言を俟ちません。

 是非皆さん、こうした新しい時代の教育を高知大学の教職大学院と一緒に創っていきませんか。本気で学び続ける教員になるために院生としての入学を検討されるだけではなく、学部生、現職の先生方などのみなさんの幅広い参画を期待しています。

お知らせ・最新情報

2018.09.19お知らせ
Newsletter No.1が発行されました。皿鉢ゼミの記事が掲載されています。PDFはこちら→NEWSLETTER(No.1)
2018.09.19入試情報
平成30年10月3日(水)進学説明会を開催します。チラシはこちら→PDF
2018.09.19お知らせ
土佐の皿鉢ゼミが実施されました。様子はこちら→報告(PDF)
2018.05.20お知らせ
FM高知のユニバーシティー高知に教職大学院の4名が出演!
関連リンク先  【大学HP】 【松木アナウンサーのブログ】【放送の音源はこちら♪】
2018.05.07お知らせ
教職大学院の銘版除幕式を行いました。除幕式(PDF)
2018.04.02お知らせ
教職実践高度化専攻(専門職学位課程)がスタートします。
2018.02.10入試情報
入試【第2次募集】が実施されました。
2017.10.21入試情報
入試【第1次募集】が実施されました。
HOME

Menu

close

close