1. HOME
  2. 教育学部の学び(カリキュラム)

こどもたちに豊かな人間教育を

教育理念

教育学部・大学院教育学専攻(朝倉キャンパス)

本学部は、質の高い教員の育成を目的としています。
特に、高知県の教育課題である道徳教育や 特別支援教育など心の教育や、グローバル化に対応した 英語教育、理数技術系の向上に質する科学技術教育など 学力向上に寄与する教員プログラムに力を入れています。
併せて、運動、音楽、絵画等を基盤とした 修学前教育にかかわる教育者・保育者の育成も重視しています。

 

高知大学教育学部4つの強み

①高い専門性を身につけられる
本気の教員になるために、「学校」や「子どもの発達」、「教科の内容や指導方法」の3つの専門性を、基礎からしっかりと学ぶことができます。
②現場(実践)に強い
1年生から4年生までのすべての学年で実習を経験します。理論と実践を往還することで実践的指導力を習得することができます。
③全校種・全教科の免許が取得可能
小学校一種教員免許および中学校一種教員免許を中心として、保育園、幼稚園、高等学校、特別支援学校の幅広い教員免許を取得することができます。
④充実した就職支援と高い就職率(全国2位)
手厚い教育就職サポートを受けることができます。

カリキュラム(4年間の学びの構造)

教育学部で身につける力量形成のステップ

1年生

教職に対する興味や関心を向上させると共に、子ども理解と学校理解の基礎を形成する時期です。

教職への入門、子ども理解(1年生)

  • ● 教職キャリア開発論演習

    各学年で学修したことの検証と省察を行い、次年度に向けての自己課題を明らかにしていくとともに、教職キャリアイメージを明確にする。

  • ● フレンドシップ

    子どもたちとふれあい教職についての意欲を高め、子どもたちについての理解を深める。

  • ● 教育学・心理学

  • ● 初等教科初等内容

1年生では

大学での学びに必要な英語や情報処理を学ぶと同時に、子ども達との活動やボランティア活動など、体験的に子ども達の実態を学びます。また、教育の基礎的なことがらを学ぶ授業もあります。

2年生

子どもへの理解を深化させるとともに、教員としての基礎的な知識・力を身につける時期です。

教職の基礎、学校理解(2年生)

  • ● 観察実習

    教育実習の準備を行うとともに、授業づくりや授業実践の基礎を学ぶ。

  • ● 教職キャリア開発論演習

  • ● 介護等体験

    個人の尊厳や社会連携に対する理解を深める。

  • ● 支援実習

    教育コミュニケーション力の向上と行事等体験と省察による教職の基礎知識を習得するとともに、学校と地域との連携について学ぶ。

  • ● 教育学・心理学

  • ● 特別支援教育概論

  • ● 保育内容指導法

  • ● 中等教科指導法

  • ● 初等教科指導法

2年生になると

各教科教育、教育科学や特別支援教育などのコースに所属します。同時に、小学校免許取得に必要な科目や、特別支援教育に関する基礎的な授業など、本格的に教育学部の専門科目が増えてきます。教育学部らしくなってくる学年といえるでしょう。

3年生

引き続き教員になるための力量を向上させるとともに、実習を通し実践的な力を身につける時期です。

学習指導の基礎力養成(3年生)

  • ● 教育実習・保育実習

    大学で学んだ理論や技術を適用・検証し、実践的な力量を身につける基礎を養う。

  • ● 教職キャリア開発論演習

  • ● 特別支援教育指導法

  • ● 教材開発論

  • ● 保育内容指導法

  • ● 中等教科指導法

  • ● 中等教科内容

3年生の山場は

なんといっても教育実習です。専門的な内容を学びながら、実際に小学校や中学校で教壇に立ち、教員に向けての実践力を磨いていきます。また、3年生では各コースに所属する先生方とのゼミ(専門演習)もはじまります。テーマを決め、4年生の卒業論文に向けての学習と研究がスタートします。

4年生

これまでの学習で身につけてきた理論的な力と実践的な力を統合して教師になるための最終的な仕上げをする時期です。

実践的指導力の統合・深化(4年生)

  • ● 教職実践演習

    これまでに学習した教職に対する知識・技術を有機的に統合し、教員になるための最終的な力量を形成する。

  • ● 応用実習

    教師の様々な仕事を体験することを通し、実践的指導力を高める。

  • ● 教職キャリア開発論演習

  • ● 特別支援教育実習

  • ● 特別支援教育内容

  • ● 卒業論文

4年生では

卒業に向けての総仕上げ。ゼミを通じて卒業論文に向けての研究、それまでの実習を経て、教員になるための総仕上げである教職実践演習など、目の前に学校の先生が見えてくることでしょう。

このほか、幅広い教養を身につけるための共通教育の授業も4年間を通じて学ぶことになります。
なお、幼児教育コースは独自のカリキュラムを持っており、1年生から専門的な内容を学びます。2年生では実習がはじまります。

それぞれのコースに特色がありますが、4年一貫の実習を通じた実践力を身につけられるのが特徴です。取得できる教員免許も多く、卒業に必要なのは小学校・中学校の教員免許の取得ですが、幼稚園、高等学校の免許も取得できる点も魅力です。

※科学技術教育コースなど一部を除く

Menu

close

close