1. HOME
  2. 教育学部の学び(カリキュラム)
  3. 地域連携プロジェクト

地域との連携

子どもたちも教員も、地域の中で、ともに育つものです

高知大学教育学部には、附属学校や県内・市内の学校、青少年育成協議会などと連携しながら、学生と子どもが交流し、あるいは学生がもっているさまざまな知識や能力などを提供しながら地域の教育活動に携わり、その中で教員に必要な資格を身につけていくプロジェクトがいくつかあります。それらのは、正課の授業であったり、準正課的活動であったり、学生が自主的に行っている活動であったりと、さまざまな形態で行われています。

フレンドシップ事業

フレンドシップ事業は、教員養成大学・学部で教職を志す学生が、教員としての実践的指導力を身につけるために、地域の方々や教育委員会、小学校のご協力を得ながら子どもたちと触れ合う活動を行う、文部科学省が定めた事業です。
高知大学教育学部では「課題探求実践セミナー」という授業科目としてこの事業に取り組んでおり、1年生の必修授業(通年)として4年間一貫した実習系授業のなかに位置づけています。
6月~7月にかけて、高知市青少年育成協議会及び市内の小学校にご協力いただきながら「環境ボランティア活動」を行い、児童たちとともに小学校周辺の清掃活動等に取り組みます。
11月には高知市青少年育成協議会Aブロック及び高知市教育委員会生涯学習課にご協力いただきながら「地域・学校ボランティア活動」を行い、さまざまな企画やゲームを通じて児童たちと交流を深めます。 そして1年間の活動の総括を行うラウンドテーブルを12月に開催し、協力機関の方々にも意見や助言をいただきます。活動の成果は、学生主体で「省察レポート集」にまとめます。

  • 附属教育実践総合センター(朝倉キャンパス)

支援実習プロジェクト

支援実習プロジェクトは、学生が、高知県中山間地域の小規模校において、運動会等の学校行事、祭などの地域行事、授業への支援活動を行う選択必修の授業です。行事支援は行事に参加し行事の一部を担いながら行います。授業支援では学生が授業を行うこともあります。1年生時のフレンドシップ事業をさらにステップアップさせた内容の授業となっています。例年、45名ほどの学生が履修しています。支援活動は複数の実習校に分かれて行います。現在、実習校は、田野町立田野小学校、仁淀川町立別府小学校、黒潮町立三浦小学校、大豊町立大豊中学校の4校です。実習校での活動はそれぞれ年に6日から8日です。田野小学校、別府小学校では、泊り込んでの行事支援も行います。実習校での活動にむけての準備、活動後の省察にも十分に時間をかけて取り組んでいます。
このプロジェクトの特徴は、ひとつの学校で1年を通した活動を行うことです。学校の子どもたちだけではなく、それぞれの学校の先生方、地域の人々とも交流を深めることができる1年となります。

  • 支援実習プロジェクト
  • 支援実習プロジェクト
  • 支援実習プロジェクト

支援実習プロジェクト(2017年度) ムービー(3分程度のダイジェスト)

田野小学校

 

三浦小学校

 

別府小学校

 

大豊町中学校