1. HOME
  2. 教育学部の学び(カリキュラム)
  3. 地域連携プロジェクト

地域との連携

子どもたちも教員も、地域の中で、ともに育つものです

高知大学教育学部には、附属学校や県内・市内の学校、青少年育成協議会などと連携しながら、学生と子どもが交流し、あるいは学生がもっているさまざまな知識や能力などを提供しながら地域の教育活動に携わり、その中で教員に必要な資格を身につけていくプロジェクトがいくつかあります。それらのは、正課の授業であったり、準正課的活動であったり、学生が自主的に行っている活動であったりと、さまざまな形態で行われています。

フレンドシップ事業

フレンドシップ事業は、教員養成大学・学部で教職を志す学生が、教員としての実践的指導力を身につけるために、地域の方々や教育委員会、小学校のご協力を得ながら子どもたちと触れ合う活動を行う、文部科学省が定めた事業です。
高知大学教育学部では「課題探求実践セミナー」という授業科目としてこの事業に取り組んでおり、1年生の必修授業(通年)として4年間一貫した実習系授業のなかに位置づけています。
6月~7月にかけて、高知市青少年育成協議会及び市内の小学校にご協力いただきながら「環境ボランティア活動」を行い、児童たちとともに小学校周辺の清掃活動等に取り組みます。
11月には高知市青少年育成協議会Aブロック及び高知市教育委員会生涯学習課にご協力いただきながら「地域・学校ボランティア活動」を行い、さまざまな企画やゲームを通じて児童たちと交流を深めます。 そして1年間の活動の総括を行うラウンドテーブルを12月に開催し、協力機関の方々にも意見や助言をいただきます。活動の成果は、学生主体で「省察レポート集」にまとめます。

  • 附属教育実践総合センター(朝倉キャンパス)

支援実習プロジェクト

支援実習プロジェクトは、学生が、高知県中山間地域の小規模校において、運動会等の学校行事、祭などの地域行事、授業への支援活動を行う選択必修の授業です。行事支援は行事に参加し行事の一部を担いながら行います。授業支援では学生が授業を行うこともあります。1年生時のフレンドシップ事業をさらにステップアップさせた内容の授業となっています。例年、45名ほどの学生が履修しています。支援活動は複数の実習校に分かれて行います。現在、実習校は、田野町立田野小学校、仁淀川町立別府小学校、黒潮町立三浦小学校、大豊町立大豊中学校の4校です。実習校での活動はそれぞれ年に6日から8日です。田野小学校、別府小学校では、泊り込んでの行事支援も行います。実習校での活動にむけての準備、活動後の省察にも十分に時間をかけて取り組んでいます。
このプロジェクトの特徴は、ひとつの学校で1年を通した活動を行うことです。学校の子どもたちだけではなく、それぞれの学校の先生方、地域の人々とも交流を深めることができる1年となります。

  • 支援実習プロジェクト
  • 支援実習プロジェクト
  • 支援実習プロジェクト

支援実習プロジェクト(2016年度) ムービー(3分程度のダイジェスト)

田野小学校

 

別府小学校

 

教育ルネサンス【附属学校園との連携宿泊型研修プログラム】

このプロジェクトは、大学内の宿泊施設を利用して、学生が附属学校園の幼児・児童・生徒や県内公立高等学校の生徒と交流する、異年齢間の宿泊合宿研修です。研修の内容は、食育を中心とした生活指導、基礎技能の習得に基づくスポーツ指導、および個別学習による学習指導です。幼児・児童・生徒と学生の交流を通じて、普段の学校や幼稚園では経験できない活動・学習を体験すると共に、グループワーキングによってコミュニケーション能力の向上を図ることをねらいとしています。

学生にとっては、教育実習以外にも幼児・児童・生徒を直接指導する機会でもあり、また将来教師を志望する中高校生らにとっては、大学での授業を直接体験することができる場でもあります。幼児・児童・生徒は、グループワーキングを中心に学生がおこなう活動に参加したり、各教科の授業を受けたりします。学生は、担任および副担任となって、主に生活指導や学習指導を担当し、スポーツでは基礎運動力の指導を行います。その他、ワークショップや「しゃべり場」等々、学生が主体的かつ創造的に授業作りとグループマネージメントを行います。宿泊合宿研修を通じて、学生は教える内容や授業構成、子どもたちとのコミュニケーションをいかに図るか等について課題を見出し、大学での学習をより豊かにしていきます。

  • 教育ルネサンス
  • 教育ルネサンス
  • 教育ルネサンス

学生たちの自主活動

学習チューター(学援隊)

「子どもの学力向上」「学生自身のスキルアップ」の2つを目的とし、チューター(ボランティアの補助教員)活動、活動の記録の記入、ケースカンファレンスの3つの活動を行っています。高知市教育委員会による「学習チューター派遣事業」に参加し、現在9校の小中学校にチューターを派遣しています。キャンパス近隣の小学校等4校へも独自に派遣しています。
活動は、放課後に子どもたちに勉強を教えることを基本に、担任教諭の補助やティーム・ティーチング、丸つけ、部活動で生徒を指導するなど、学校によってさまざまです。
活動を行う中で指導に困る場面や自分なりの指導をしてみて新たに気づいたことなどを、各メンバーが「具体的な場面」、「どのような働きかけをしたか」、「子どもの反応と自分自身の気づき」に分けて記録します。活動の記録を記入することで、メンバーがそれぞれに活動を振り返り、自分の中の問題を明確化します。「活動の記録」をもとにして、ケースカンファレンスを月2回大学内で開催し、今後に生かせるような具体的な指導法等について話し合います。また、高知市教育研究所の指導主事の方や現職の先生にお越しいただき、具体的なアドバイスやコメントもいただいています。

高知子ども守り隊“守るんジャー”

教育学部学校教育教員養成課程の学生により平成17年1月に活動を始めた、学生ボランティア団体です。平成16年に下校中の小学生が狙われる事件が続いたことから、教員を目指す学生達が、子どもたちのために何かできることはないかと考え、子ども達の安全を確保するために始めた活動です。
下校時の児童を危険から守るために、大学の近隣にある「朝倉小学校」「朝倉第二小学校」の児童を対象にし、学校・保護者・地域との連携をとり、犯罪や事故が発生しやすい場所に隊員を配置するとともに、通学路の巡回パトロールを行っています。合言葉は「Safe Kochi for Children 安全な高知を子ども達のために」です。
この活動は、ホームページへの掲載などにより反響を呼び、現在は香川、岡山、京都、福岡でも同様のボランティア組織が結成され、情報交換などの交流も積極的に行われていますが、それは「高知子ども守り隊~守るんジャー~」がその原動力となったものです。
平成18年度には団体として、高知大学より学生表彰を受け、平成19年に高知県公安委員会より日ごろのパトロール活動に対して感謝状が贈られました。さらに平成23年にはSYDボランティア奨励賞文部科学大臣賞を受賞しました。