実習授業について

4年間一貫した実習系授業

学校教育教員養成課程では、4年間一貫した実習系授業を履修することで、教育に必要なコミュニケーション能力と実践的指導力を身につけることができます。

 

フレンドシップ事業(1年次,必修)

市内の公立小学校および青少年育成協議会と連携しながら、環境ボランティア活動や地域・学校ボランティア活動のなかで子どもたちに触れ合うことをとおして、教育に必要なコミュニケーション能力を身につけます。

⇒ フレンドシップ事業紹介ページ

支援実習(2年次,選択)

中山間地域の小規模校での学校行事・学習支援を通して、学校における子どもの様子や教職員の仕事、地域の人々の学校への思いについて理解を深め、それらを実践に生かす力を培います。

 

介護等体験(2年次,必修,7日間)

県内・市内の福祉施設で2日間、附属特別支援学校で5日間の実習をとおして、義務教育に従事する教員に必要な個人の尊厳および社会連帯の理念にかんする認識を深め、教育に必要なコミュニケーション能力を高めます。

 

観察実習(2年次,選択,5日間)

附属校園で、教師の教育活動や教師と子どものやりとりの観察を中心とした実習をとおして、教育実習の準備をおこなうと同時に、教育に必要なコミュニケーション能力を高めます。

 

幼稚園実習(3年次,必修,4週間)

附属幼稚園において実習をおこない、大学で学んできたさまざまな理論や技術を適用・検証し、実習後の幼児教育にかかわる研究上の課題を発見すると同時に、自己の教職適性を検討します。それらをとおして、実践的指導力を身につけます。

 

教育実習(3年次,必修,4週間)

附属小学校、附属中学校において、,教科指導を中心とした実習をおこない、,大学で学んできたさまざまな理論や技術を適用・検証し、実習後の小・中学校教育にかかわる研究上の課題を発見すると同時に、自己の教職適性を検討します。それらをとおして、実践的指導力を身につけます。

 

特別支援教育実習(4年次,選択,特別支援教育コースは必修,4週間)

附属特別支援学校において実習をおこない、大学で学んできたさまざまな理論や技術を適用・検証し、実習後の特別支援教育にかかわる研究上の課題を発見すると同時に、自己の教職適性を検討します。それらをとおして、実践的指導力を身につけます。

 

応用実習(4年次,選択,2週間)

県内・市内の公立小・中学校で、教科指導を含む教師のさまざまな仕事を体験することをとおして、実践的指導力を高めます。

 

保育実習Ⅰ(2年次,必修,4週間)

保育実習Ⅰは、幼児教育コースの学生の必修科目です。前半の60時間は保育所実習、後半の60時間は施設実習に行きます。保育所実習Ⅰでは、大学で学んだ保育原理、乳幼児の心理や発達や保育内容や方法などのさまざまな知識・技術を、保育所や施設の生活に参加し乳幼児や利用者に直接触れながら、実践的な学んでいきます。

保育実習Ⅱ(3年次,選択,2週間)

保育実習Ⅱは、保育所における実習で、2単位の選択科日です。保育実習Ⅱでは、保育所の保育を実際に実践し、子どもや家庭の福祉ニーズに対する理解力、判断力を養うとともに、子育てを支援するために必要とされる能力等の保育士として必要な資質・能力・技術を習得します。

保育実習Ⅲ(3年次,選択,2週間)

保育実習Ⅲは、児童養護施設等における実習であり、2単位の必修科目です。保育実習Ⅲでは、児童養護施設、肢体不自由児施設、知的障害児施設、乳児院等の生活に参加し、子どもへの理解を深めるとともに、保育所以外の施設の権能とそこでの保育士の職務について学びます。

 

取得できる資格と進路

教育学部ビデオ紹介 教育学部の独自プロジェクト 教員からのメッセージ!
© Copyright 2015 Faculty of Education, Kochi University. Design: Conceptbox Inc.